結婚指輪の相場とは!

十万円台の指輪が売れ筋

結婚指輪の相場は、ここ数年落ち着きを見せています。非正規雇用で働く若者たちが増えてきたことも背景にはあると言われています。自由に使えるお金がバブル期ほどあるわけではないので、全体的にリーズナブルになってきているのが特徴的です。人気の指輪は、大体十万円台で手に入れることができます。ボリュームゾーンが、十万円から十五万円の間ぐらいです。有名ブランドの結婚指輪でもこのレベルの値段なので、若い人たちにもそれほど負担にはなりません。ただ、結婚指輪はペアで購入をしなければいけませんから、最終的に必要な費用は倍になります。つまり、二十万円から三十万円ほどかかることになるわけです。しかし、一回買えばずっと使い続けていけるものですから、コストパフォーマンスはそう悪いものではないでしょう。

こだわれば値段は上がる

一般向けに販売されている結婚指輪なら十万円ほどでも手に入れることができますが、オリジナルなものを作ろうとすると一気に値段は上がってしまいます。オーダーをして世界に一つだけの指輪を作るとなると、相場は倍以上に跳ね上がります。ダイヤモンドを散りばめて豪華にしていくと、それこそ百万円以上の値段になることもあるのです。こだわれば、いくらでも高くなってしまうので気を付けたいところですね。結婚指輪は、一生付けていかなければならないものでもありません。結婚十周年や二十周年のタイミングで買い替えても問題はありませんから、最初からそう高いものを買う必要もないのです。まずは十万円台のものから始めるというのが、今の時代は多いですね。

結婚準備を始めるに当たって大切なことがあります。それはまず二人にとって重要視したいことは式場なのか、ドレスなのか、食事なのか等の優先順位を決めて計画的に進めていくことです。