知ってる?結婚指輪の由来とは

古代ローマに伝わる結婚指輪の歴史

結婚指輪は9世紀にローマ教皇が結婚式で妻に指輪を送ったことで、結婚の証として指輪をつける風習が生まれたといわれています。ローマ結婚指輪の起源として「花婿は花嫁に金の指輪、花嫁は花婿に鉄の指輪を交換している」という記録が残されています。その後、結婚指輪はヨーロッパ全土に広がり、貴族たちが結婚指輪を贈るようになりました。13世紀には一般の間でも結婚指輪が定着、身に着けることが一般的になりました。日本に伝わったのは戦後、西洋の文化が広まったことがきっかけです。西洋のファッションや食文化の伝来は、ドレス、料理、教会式など結婚式の形態にも大きな影響を与えました。今では定番となった結婚指輪の交換ですが、その歴史は古く、多くの人々に愛されています。

左手の薬指に結婚指輪をつける意味

左手の薬指につける結婚指輪ですが、結婚指輪が定着した当初、そのような決まりはありませんでした。薬指だけでなく、他の指に結婚指輪をつけていた時代もあったのです。その後、紆余曲折があり、古代エジプトの考え方がローマに受け継がれて左手の薬指につけることが定番になりました。古代エジプトでは左手の薬指は心臓に繋がる太い血管が通っており、相手と心で絆が結ばれている、誠実と貞節の証であるとされていたからです。指輪の円の形は「永遠に途切れることのない愛情」を表しています。何気なく身に着けていた結婚指輪かもしれませんが、結婚指輪には夫婦の深い関係を示す神聖な意味が込められています。その歴史や意味を知ると夫婦の愛情がさらに深まるのではないでしょうか。

銀座には、ハイブランドから個人アーティストの工房まで幅広いジャンルの指輪を扱うお店がたくさんあります。結婚指輪を銀座に見にいけば、きっと心の底から気に入る指輪に出会えます。